FC2ブログ

プロフィール

郡上ひかり保育園/子育て支援センタープチプチクラブ/社会福祉法人和光児童福祉会

Author:郡上ひかり保育園/子育て支援センタープチプチクラブ/社会福祉法人和光児童福祉会
501-4237
岐阜県郡上市八幡町西乙原2352-3
℡(0575)63-2162
★★令和2年4月より認定こども園に移行の予定です★★
いっぱい いっぱいあそぼうよ
-未知の可能性を秘めた子どもたちのために-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

子ども報恩講

11月1日(金)園長先生のお寺 福常寺で子ども報恩講にお参りしました。



境内で遊びました。


普段なかなか入ることのできない納骨堂の見学とお参りをしました。


ひとりひとりきちんとお焼香をし、お参りしました。




楽しみにしていたお斎(おとき)をいただきました。

*お斎*

お斎とは仏事の際にふるまわれる精進料理のことで、お寺や地域によってメニューは違いますが、主に大根、人参、里芋、牛蒡、あげ、ひじき等の煮物が塗りの膳*椀に盛ってだされます。
子どもたちにも出来るだけ本物を体験させてあげたいので、今回も朱塗りのお椀とおひらに盛ったものをいただきました。ご飯は小さなタカタカまんまをいただきました。
写真は子ども用に3分の1の大きさと量にしたものですが、福常寺で通常、大人がいただくものにはこれに大根なますがつきます。

*報恩講とは*
浄土真宗を開いた親鸞聖人のご命日(11月28日)のお参りをする行事です。園長先生のお寺では毎年、子ども報恩講の前日、前々日の10月30~31日に勤められます。
お寺やお墓、お仏壇にお参りをするということは、おじいちゃんおばあちゃんが亡くなった方や遠いご先祖に手を合わせるというイメージが強いですが、それだけではありませんね。
今の自分を毎日支え見守ってくださっているたくさんの人々への感謝の気持ちを思い起こすひととき=それが仏さまに手を合わせ、お参りするということです。
子どもたちには報恩講やののさまの日などを通して目に見えない大切なことに想いを馳せ、素直に「ありがとう」といえる気持ちを育んでいきたいと思っています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hikaripp.blog.fc2.com/tb.php/66-ffade2ec

 ホーム